ちゃいるどスペースキャビンと従来の学童クラブの違い

学童クラブ:ちゃいるどスペースキャビンについて

学童クラブとは?保護者が共働きや自営などで日中家にいない、あるいは保護者が留守にするときに、子供達を放課後や夏休み等の長期休み、臨時休校の際に預かる施設です。

「小1の壁」とは何ですか?小学校入学を機に生活環境が変わり、仕事と子育ての両立が難しくなる「小1の壁」。
ようやく仕事と育児のペースがつき始めてきたのに、子供が小学校に入ったらどうなるんだろう~と不安を感じている保護者様もいることでしょう。

「小1の壁」とは、お子様が小学生になると様々な環境の変化で、幼稚園や保育園の通園時より働く時間が変わって、仕事との両立が難しくなる問題です。
小学校の通学により、生活と仕事のバランスが変わり、両立が上手くいかなくなり、勤務形態の変更や退職せざるを得なくなってしまうことを「小1の壁」と言います。

「小4の壁」の壁とは何ですか?"9歳の壁"や"10歳の壁"ともいわれています。学童によって年齢制限により利用出来なくなる家庭が出てきて、放課後や長期休みの子ども達の居場所確保が困難となることを指します。

また、より難易度が高くなる学習面のサポートや、そろそろ反抗期を迎えつつある子ども達の精神的なサポートに親が関わる必要が出てきます。子ども達のケアに、より多くの時間を割かなければならないため、仕事の両立が難しくなり、働き方を変えたり、最悪仕事を辞めなければならない事態に直面します。
「小4の壁」は「小1の壁」と同じく、共働き家庭や自営業家庭の保護者が直面する"大きな壁"の1つです。

ちゃいるどスペースキャビンの考え自己肯定型、自己主張型、自己発掘型、自己融和型等々の多岐にわたる人間形成力を学び、その知識を現場で子ども達へ実践による体験/経験を提供しています。

学童クラブのページへ戻る

Menu